鍋倉渓(Nabekura-kei)

岩が連なる自然の遊び場

神野山山腹にあり、大小の黒色の岩々が幅平均25m、
長さ約650mにわたりまるで溶岩の流れのような景観を造りだしています。
毎年8月上旬から中旬にかけてライトアップを行っており、
光に照らされて、神秘的な姿を見せています。
また、その伏流水は「やまとの水」にも選ばれています。
※水音はかすかに聞こえますが、水面を見ることはできません。

A view of black rocks and pebbles that spreads to approximate 25m
in width and 650m in length, creating a scene as if lava is flowing
down the hillside of Konoyama. You will hear water flowing under
the rocks, but it cannot be seen.

神野山山頂まで徒歩30分, 神野寺まで徒歩35分

駐車場 有り(15台)
所在地 奈良県山辺郡山添村大字大塩
アクセス 自家用車で…名阪国道神野口IC下車神野山方面へ約4.1㎞
交通機関で…JR・近鉄奈良駅から山添方面行きバス
       北野バス停下車徒歩約1.8㎞
問い合わせ•申し込み 山添村観光協会 (TEL:0743-85-0081)
ひとこと 神野山の巨石は星座(天の川・夏の大三角形)を地上に映したものではないかと考えられ、
この鍋倉渓は「天の川」を表していると考えられています。
他には天狗岩(わし座のアルタイル)、八畳岩(琴座のベガ)、王塚(白鳥座のデネブ)、
北斗岩(北極星)、竜王岩(アンタレス)があります。
関連行事 神野山鍋倉渓ライトアップ(8月上旬から中旬)
関連施設

観る:神野山めえめえ牧場鍋倉渓森林科学館
体験する:神野山バーベキュー場木工館羊毛館
買う・食べる:映山紅