牛ヶ峯岩屋桝型

一枚岩の巨石が自然の節理によって分裂したものです。

山添村北野牛ヶ峯の地内には巨岩大石が累積しており、その中に岩屋と桝型の一組の巨石があります。
この岩屋桝型は、一枚岩の巨石が自然の節理によって分裂したもので、
上方に屹立した桝型(高さ16m)の断崖絶壁には桝の形が切り込まれており、
転がり落ちた下方の岩屋には、丈六尺の大日如来像が
刻まれておりその底部を岩窟にして護摩壇が設けられています。
伝説によると弘法大師が大日如来を刻みつけ、
その時使用したのみとつちを桝型に納めたと伝えられています。

所在地 奈良県山辺郡山添村大字北野
問い合わせ•申し込み 山添村観光協会 (TEL:0743-85-0081)
関連施設

観る:牛ヶ峯岩屋桝型
体験する:B&G海洋センター
買う・食べる:ぶらんぽーと